TOP > 日本で人気のトリキュラー

トリキュラーは日本で最も普及している低用量ピルです。服用方法や副作用、入手方法についてお伝えします。

トリキュラーの効果と副作用

トリキュラー

先ほども紹介したように、低用量ピルには世代や相性によって種類が多く分けられています。

その中でも特に日本国内で処方されているのが、第2世代3相性ピルのトリキュラーです。

トリキュラーの効果は他の低用量ピルやアフターピルと同じです。

卵胞ホルモンと黄体ホルモンによって女性のホルモンバランスを変化させ、排卵の抑制や着床の阻害など、妊娠できない状態を作ってくれます。

低用量ピルですので、アフターピルのように急激な変化はなく、女性の身体にも安全な避妊薬となっています。

また、トリキュラーは3相性ピルということで、卵胞ホルモンや黄体ホルモンの配合量が3段階用意されています。

この3段階に分けられたトリキュラーをどの順番で服用していくかは日数によって決まっているので注意が必要ですが、決められた順番通り服用していけば安全に避妊効果を発揮させることができます。

2相性ピルや3相性ピルは女性のホルモンバランスに合わせて卵胞ホルモンや黄体ホルモンの量が調節されているため、常に一定量の成分が含まれている1相性ピルよりも負担が少ないというメリットがあるのです。

また、トリキュラーに限らず低用量ピル全般に言えることなのですが、実は避妊以外にも女性にとっては嬉しい効果がたくさんあります。

ホルモンバランスを調整してくれることで生理痛や生理不順治療にも使えますし、ニキビの改善にも効果的です。

避妊以外の目的で処方されるケースもあるので覚えておくといいでしょう。

トリキュラーを正しく服用

トリキュラーを服用する女子

アフターピルなら事後1回の服用とまだシンプルですが、低用量ピルの場合は毎日の服用となるため、正しく服用し続けることが重要です。

特にトリキュラーは3相性ピルということから、錠剤の飲む順番を間違ってしまうと正しく効果を発揮してくれない危険性も出てきます。

正しく服用すればほぼ間違いなく避妊してくれますので、自身の体を守るためにも服用方法はきちんとチェックしておきましょう。

トリキュラーには21錠入りと28錠入りがあります。

先ほど低用量ピルの服用は28日間を1サイクルとしていることを説明しましたが、これはそのことに関係しています。

28錠入りのトリキュラーには21錠の実薬と7錠の偽薬が入っています。

低用量ピルは7日間の休薬期間を終えるとすぐ2サイクル目に突入するため、飲み忘れが心配だという女性にはオススメです。

休薬期間中も偽薬を服用することで、間違うことなく2サイクル目の服用を始めることができます。

一方、21錠入りの方には7錠の偽薬が入っていません。

実薬のみとなっているため、飲み忘れの心配はないという女性にオススメです。

21錠入りと28錠入りの違いは偽薬の有無だけですので、効果についてはどちらも同じです。

低用量ピルは服用する順番通りに錠剤がシートに入っているため、その通りに毎日1錠ずつ服用していけば正しく服用できるはずです。

トリキュラーを購入したいときは

トリキュラーを個人輸入で購入する女子

トリキュラーを購入したい場合、ノルレボと同じで医療機関からの処方か個人輸入による購入になります。

医療機関で治療薬を処方してもらうというのは多くの人が経験していると思います。

ただ、個人輸入に関しては知らないという人も多いのではないでしょうか。

処方箋医薬品に指定されている医薬品を購入したい場合、医師が出す処方箋がなければ購入することはできません。

そのため、面倒に感じたとしても通院していたはずです。

ですが、これは日本の薬事法で決められていることですので、適用されるのは日本国内で販売されている医薬品に対してのみです。

海外で販売されている医薬品には適用されることがないため、日本で処方箋医薬品となっているモノが海外ではふつうに薬局で販売されているというのも珍しい話ではありません。

そのため、海外へ行けば処方箋なしで購入できるのですが、さすがにわざわざそこまでして通院を拒む人はいないでしょう。

そんなときに便利なのが個人輸入代行サービスです。

先ほども言ったように、海外から輸入した医薬品を販売する通販サービスですので、こちらで販売されている医薬品は処方箋がなくても購入することができます。

また、医薬品の海外輸入に関しても、個人が利用する目的であれば輸入することが許されています。

違法性は一切ないので安心して利用できますよ。

通院にかかっていた手間や費用を省いて医薬品を購入できるほか、購入する医薬品や注文するタイミングはすべてみなさん自身で好きに決めることができます。

注文方法に関しても、私たちが利用する通販サービスとほとんど変わらないため、誰でも簡単に利用できるようになっているので安心してください。

ジェネリック医薬品で節約

ラベルフィーユ

ノルレボにアイピルというジェネリック医薬品があるように、トリキュラーにもラベルフィーユというジェネリック医薬品があります。

ジェネリック医薬品ですので、成分や効果はすべてトリキュラーと同じです。

トリキュラーと同じように安心して避妊をすることができるようになっています。

新薬であるトリキュラーとジェネリック医薬品であるラベルフィーユの決定的な違いは、やはり薬価でしょう。

ジェネリック医薬品は開発コストが新薬ほどかからない分、低価格での販売が可能になっています。

では、実際にトリキュラーとラベルフィーユとでどれくらいの価格差があるのでしょうか。

トリキュラーを医療機関から処方してもらう場合、平均すると2,500円前後となっています。

ただ、避妊目的での低用量ピルの処方は自由診療となっており、各医療機関が自由に値段を設定することができます。

そのため、どの医療機関から処方してもらうかによって値段は上下するので気をつけましょう。

一方、ラベルフィーユの場合、平均的な値段は2,000円ほどとなっているため、トリキュラーよりも安いことがわかります。

また、医療機関から処方してもらう場合、処方代だけではなく診察費などの費用も支払うことになりますが、個人輸入代行を使ってネット注文で購入すれば、通院せずに購入できるため、そういった費用が発生することもありません。

個人輸入代行を使ってもラベルフィーユの方がトリキュラーより安いことは変わらないため、少しでも節約して避妊をしていきたいのであれば、こうしたジェネリック医薬品にも注目してみてください。