ピル歴4年の私!低用量のマーベロンやトリキュラーで安心避妊

トリキュラー・マーベロンの通販方法


第三世代の低用量ピル

第三世代

マーベロンとは、女性が主体となって行う避妊に用いる薬になり、第三世代の低用量ピルになります。
通常のピルでは身体の小さな日本人の身体には効きすぎてしまい身体への負担も大きく副作用の辛い症状に耐えなければならないため服用を継続することが困難になってしまうケースも少なくありませんでした。
低用量ピルが通常のピルと異なることは、黄体ホルモンの分量は変わらず、卵胞ホルモンを避妊効果を無くならない限界まで減らすことで身体への負担を減らすことができています。
この2つの女性ホルモンが精子が卵子に受精してしまうことを妨げ、受精の機会を失わせてしまうことで避妊することが出来るようになります。
また頸管粘液や子宮内膜にも作用し、粘液の粘度を高めることで子宮内に精子が侵入することを妨げたり、子宮内膜が増殖することを防ぎ、着床しにくい状況を作り出してくれます。
用量が変わる3相性と異なり、1相性になるため3週間分の21錠の成分量が異なることもないため服用方法が簡単になるため飲み間違えなどもなく、正しく服用することができるので高い避妊効果を得ることができます。
第三世代のピルは黄体ホルモンの活性化や子宮内膜の活性化が強くなっているため副作用の中にある不正出血をおこしにくい特徴があり、男性ホルモン作用が弱くなっているためニキビや脂漏が現われることも少ないと言われています。
ただし、第一世代や第二世代と比較すると血栓症を引き起こす可能性が高く、約2倍ほど発現率があがると言われているため注意が必要になります。
21錠タイプと飲み忘れを防ぐために偽薬が含まれている28錠タイプのものがあり、毎日同じ時刻に避妊したい期間連続的に服用することで100%に近い確率で避妊することができます。
マーベロンの副作用は飲み始めの時に現れることが多く、吐き気や頭痛、不正出血、乳房の張りや痛みなどがおこり、一時的にホルモンバランスが変化するためにおこおる症状であり、服用を続けることで身体が慣れるので、徐々に副作用が現われなくなるので過度に心配する必要はありません。


TOP