TOP > ノルレボがあれば安心!

アフターピルのノルレボは緊急避妊として服用します。服用方法や副作用、入手方法についてもお伝えします。

ノルレボの効果と副作用

ノルレボ錠のパッケージ

アフターピルにはプラノバール錠とノルレボ錠の2種類がありますが、現在メインで利用されているのはノルレボ錠です。

産婦人科などからアフターピルを処方してもらう場合でも、ノルレボ錠を渡されることが多いでしょう。

もしみなさんがアフターピルの力を借りなければいけなくなった場合に備え、ノルレボ錠の効果や副作用はきちんと理解しておきましょう。

ノルレボ錠はレボノルゲストレルを主成分としており、これは黄体ホルモンの一種です。

ノルレボ錠の効果は「排卵の抑制」と「着床の阻害」です。

そもそも女性が妊娠するためには、排卵が起きているかどうかが重要です。

排卵とは、卵管に卵子が放出されることで、だいたい月に1回のペースで訪れます。

排卵が起こることによって卵子が精子と受精しやすくなるため、妊娠したいのであれば排卵が起きる前後に性行為をすることがベストでしょう。

逆に言えば、この排卵を抑制することができれば、卵子が卵管へ出ることもなく、受精するのが困難になるのです。

ノルレボ錠はこの排卵の抑制をしてくれるうえ、仮にそれでも受精してしまった場合の対処も同時にしてくれます。

それが着床の阻害で、子宮内膜が増殖することを防ぎ、受精したとしてもそのまま定着することを防いでくれます。

こうした二重の効果から、ノルレボ錠は高い避妊成功率となっているのです。

その一方で、ノルレボ錠を服用することによって副作用が生じる可能性もあります。

頭痛や吐き気など、妊娠時に見られる症状が副作用として確認されているので注意しておきましょう。

ノルレボを服用するには

ノルレボを服用する女子

ノルレボ錠を使って緊急避妊をしたい場合、正しく服用することが重要になります。

避妊に失敗した可能性のある性行為から72時間以内に1回1錠服用する点や、より早いタイミングで服用する方が効果を発揮してくれる点についてはすでに紹介しました。

しかし、こういった基本的な服用方法だけではなく、他にも細かい部分で気をつけなければいけないことがあるので覚えておきましょう。

例えば服用するタイミングですが、アフターピルを服用するということは望まない妊娠をしてしまった危険性があるということです。

女性としてはいち早くなんとか対処したいと焦ることもあるでしょうから、アフターピルをすでに所持しているのであれば、その場ですぐ服用する人が多いのではないでしょうか。

ただ、アフターピルの服用は食後が良いとされており、これは空腹時に服用してしまうと副作用の吐き気が強まる危険があるからです。

吐き気を感じることも決して良いことではないですが、それによって吐いてしまった場合が問題になります。

服用して間もないうちに吐いてしまうと、アフターピルの成分がまだ体内に吸収されておらず、充分な効果を発揮してくれない危険があるのです。

12時間以内であれば高い避妊効果を発揮してくれますので、焦らず的確に対処していきましょう。

ノルレボを購入するためには

個人輸入代行で購入する女子

アフターピルは医師から説明・アドバイスを受けたうえでしか購入できない医薬品となっています。

そのため、ノルレボ錠を購入したい場合は医療機関へ行って処方してもらわなければいけません。

主に産婦人科での処方となるのですが、どこの産婦人科でも絶対にアフターピルの処方をしているというわけではありません。

取り扱っていない産婦人科もあるので、通院する前に問い合わせて確認しておくのがいいでしょう。

ただ、医療機関からノルレボ錠を処方してもらう場合、健康保険が適用されないことから、治療費は全額負担になってしまい、医療機関によってはそれなりの高額な治療費が必要になってしまいます。

また、事前に処方してもらうことはできず、避妊に失敗したかもしれないという事実があってからでしか処方されないのです。

そこで、こうした点を不便に感じる方々にオススメしたい購入方法が個人輸入です。

これは海外から医薬品を個人で輸入して購入する方法なのですが、私たちの代わりに医薬品の輸入を引き受けてくれる代行業者が存在します。

輸入するための手続き等はすべてその代行業者が済ましてくれますので、私たちはただネット上で欲しい医薬品を注文するだけでいいのです。

ノルレボ錠の注文もできるようになっていますし、通販による購入ならまだ何も起きていない段階でも事前にみなさんの好きなタイミングで注文できますよ。

「アイピル」はノルレボのジェネリック医薬品

アイピル

医薬品には新薬とジェネリック医薬品があります。

ジェネリック医薬品は新薬を基にして開発されており、同じ成分・製法で開発されています。

そのため、必然的に効果や安全性などの使用感が同じになるのですが、それでいてジェネリック医薬品は格安価格で販売されているのが大きな魅力です。

ジェネリック医薬品は0の状態から開発を進めているわけではないため、新薬に比べると開発コストが大幅に削減されており、これによって販売価格を下げることも可能になっています。

ノルレボ錠にはアイピルというジェネリック医薬品があり、ノルレボ錠と同じように事後からでも緊急避妊してくれるアフターピルとなっています。

安全性もノルレボ錠と変わらないので、安心して服用できます。

アイピルのようなジェネリック医薬品も個人輸入によって購入できますので、節約したい方はこちらもチェックしてみてください。