ピル歴4年の私!低用量のマーベロンやトリキュラーで安心避妊

トリキュラー・マーベロンの通販方法


妊娠を回避

回避

性行為は妊娠するために行うものですが、もちろん快楽のために行ってる方も多いです。
特に若い世代などでは子作りのためにやってるよりも、快楽目的がほとんどだと思われます。
しかし、中には避妊に失敗したという方も少なくないと思われます。
女性の中絶者は年々増加の傾向にあり、命の大事さを再確認する必要があります。
では、最初から避妊すればいいのですが、コンドームだけでは100%避妊ができるわけではありません。
コンドームの避妊確率は75%と意外に少なく、のこりの20%は失敗してしまってるという事になります。
コンドームを着用してSEXした場合、たまに抜く瞬間に膣の中においてきてしまったという方もいると思います。
そして他にも、抜いたら実はやぶれていた、射精時にしかコンドームを着用しないなど、様々あります。
もちろん、性病予防などにコンドームは必要なので、着用は必ずする必要があります。
ではどのようにすれば望んでいない妊娠を回避できるのでしょうか?
一番はピルを服用することです。
ピルにも種類がいくつかあり、例えば失敗してしまった場合、アフターピルと言うものがあります。
アフターピルは、避妊に失敗してから72時間以内に服用することで81%の確率で避妊できます。
コンドームよりも高い確率で、避妊が可能となるのです。
さらにもっと早い24時間以内に服用することで98%という高い確率で避妊できます。
しかし、失敗したら毎回飲めばいいものではありません。
女性の体にかなり負担の高いものですので、緊急避妊薬として最終手段だと思ってください。
どうしても!!と言うときのみ活用しましょう。
お守り代わりとして女性が持ち歩くことも良いでしょう。
他に低用量ピルがあります。
こちらは毎日服用を続けるピルです。
女性への負担も少なく、避妊率は99%と高めです。
そして女性ホルモンなどを整えてくれるので、ニキビ予防や、女性特有の疾患予防にも適しています。
しかし、飲み忘れた時に性行為をしてしまうと妊娠してしまう可能性が出てしまいますので、飲み忘れには注意が必要です。
低用量ピルは、これからもっと若い世代の子に知ってもらいたい、ピルです。
海外などでは大変ポピュラーなもので、多くの方が使用しています。
海外製品などでは、個人輸入などできるので、気になる方はチェックしてみましょう。


TOP